コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極高吉 きょうごく たかよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極高吉 きょうごく-たかよし

1504-1581 戦国-織豊時代の武将。
永正(えいしょう)元年生まれ。京極高秀の子。足利義輝につかえ,のち近江(おうみ)(滋賀県)上平寺城主となる。近江にのがれてきた足利義昭を保護。織田信長の招きに応じず,子の高次(たかつぐ)を人質として信長におくり,隠居。晩年キリシタンとなった。天正(てんしょう)9年1月25日死去。78歳。初名は高朝(たかとも)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

京極高吉の関連キーワードキリシタン大名京極マリア京極高知ロレンソ京極高次松丸殿永正

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android