コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利義昭 あしかが よしあき

11件 の用語解説(足利義昭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

足利義昭

室町幕府十五代将軍。十二代将軍義晴の二男。興福寺一乗院に入り覚慶と称したが、兄の十三代将軍義輝が松永久秀らに殺害されたため還俗、織田信長と結んで幕府を再興した。やがて信長と反目、武田信玄浅井長政朝倉義景らと挙兵したが敗れ、室町幕府は崩壊した。その後毛利氏をたよって幕府再興をはかるが失敗、出家して山城槙島に隠棲、豊臣秀吉から一万石を与えられた。慶長2年(1597)歿、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あしかが‐よしあき【足利義昭】

[1537~1597]室町幕府第15代将軍。在職1568~1573。初め奈良一乗院に入り覚慶と称したが、還俗(げんぞく)して義秋、のち義昭と改めた。織田信長に擁立されて将軍となったが、のち、信長を討とうとして京都を追われ、室町幕府は滅亡した。諸国を流浪した後、大坂で死去。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

足利義昭【あしかがよしあき】

室町幕府15代将軍。義晴の子。初め興福寺一乗院の門跡(もんぜき)。1565年松永久秀に兄義輝が殺されたとき近江(おうみ)にのがれ,諸大名に京都回復を依頼した。翌年還俗(げんぞく),1568年織田信長の力で将軍となったが,のち信長と対立,1573年京都を追われ,室町幕府は滅亡。
→関連項目カブラル近衛前久毛利輝元

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利義昭 あしかが-よしあき

1537-1597 室町幕府15代将軍。在職1568-73。
天文(てんぶん)6年11月3日生まれ。足利義晴(よしはる)の次男。僧籍にはいり覚慶と号したが,兄義輝(よしてる)が殺されたのち,還俗(げんぞく)。幕府再興をこころざし,織田信長とむすび永禄(えいろく)11年将軍となる。のち信長と反目し,武田氏,朝倉氏らとむすんで信長打倒をくわだてるが失敗,天正(てんしょう)元年室町幕府は崩壊した。信長の死後出家して昌山道休と称し,文禄(ぶんろく)の役では肥前名護屋に従軍。慶長2年8月28日死去。61歳。前名は義秋。法号は霊陽院。
【格言など】今度織田(信長)の事,天命遁(のが)れ難きに依り自滅候(本能寺の変をきき,島津義久へかいた書簡)

足利義昭 あしかが-ぎしょう

1405?-1441 室町時代の僧。
応永12年?生まれ。足利義満の子。真言宗大覚寺(だいかくじ)門跡(もんぜき)。大僧正,准三宮(じゅさんぐう)となる。大和(奈良県)の越智維道(おち-これみち)の乱を機に,永享9年異母兄の将軍足利義教(よしのり)に対抗し吉野で挙兵。敗れて九州にのがれたが,嘉吉(かきつ)元年3月13日日向(ひゅうが)(宮崎県)で島津忠国(ただくに)に殺された。37歳?

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

足利義昭

没年:嘉吉1.3.13(1441.4.4)
生年:応永11(1404)
室町時代の高僧。京都生まれ。父は義満,母は日野家の女性と推測される。応永13(1406)年11月,3歳のとき日野重光邸で魚味の儀(通過儀礼)を行う。同21年5月,11歳で得度。大覚寺に入室したが,これは顕密の大寺院の門主を足利一門で独占するという父義満の政策を兄の義持も踏襲したためである。この前年すでに准后宣下を受け,同26年12月入壇。翌年僧正,28年東寺長者に補任,大僧正に上り,34年3月長者に再任。正長1(1428)年1月,兄義持が嗣子なく病死し,後継は義昭ら諸弟4人の中からくじで義教と定まり,義教が室町幕府6代将軍となったが,義昭は「御慈悲も深く御心ばせ情ありて勇になだらかに」(『今川記』)と称賛されており,有力な対立候補であった。このため,専制的な義教の治政下で不満が鬱屈すると,人心は義昭に集まった。大和永享の乱が起こって越智維通らが後南朝の小倉宮王子を擁して義教に背くと,永享9(1437)年7月義昭は大覚寺を出奔して天王寺を経由,大和吉野に拠った。このとき還俗して義有と称した。しかし同11年2月鎌倉で足利持氏が殺され,維通らも同3月長谷寺で斬られ,義昭は遠く日向櫛間に逃れて島津氏にかくまわれたが,義教の厳命により同地で殺された。年38歳。専制将軍の弟でありながら謀反し,関東の持氏と結んで幕府を震撼させた人物として重要。

(今谷明)

足利義昭

没年:慶長2.8.28(1597.10.9)
生年:天文6.11.3(1537.12.5)
室町幕府最後の将軍。在職期間は永禄11(1568)年から天正1(1573)年まで。義晴の次男で義輝の弟。母は近衛尚通の娘慶寿院。初名義秋。左馬頭,参議左中将,権大納言。法名覚慶,昌山。天文11(1542)年母の兄近衛稙家の猶子となり興福寺一乗院に入室,同院門跡権少僧都に就任した。永禄8(1565)年兄義輝が暗殺されると同院内に軟禁されたが,朝倉義景らの援助で同年7月脱出。はじめ近江甲賀の和田惟政を頼り,次いで若狭武田氏,越前朝倉氏のもとに流寓したが上洛の援を得られず,同11年7月美濃に入り織田信長の食客となる。同年9月信長に擁立されて入京し,15代将軍に就任した。しかし信長は義昭の下風に立つことを嫌い,義昭が呈示した副将軍や管領就任を拒絶し,独自に畿内支配を進めた。そのため親裁権を主張する義昭は信長としばしば対立し,義昭の傀儡化を図る信長は,永禄12年1月に「殿中掟」,元亀3(1572)年9月には「意見」という形で権力掣肘を加えている。 信長との手切れを決意した義昭は武田晴信(信玄),上杉輝虎(謙信)らと結び,浅井,朝倉,本願寺を巻き込む反織田戦線を結んだ。同年秋晴信が西上したことで義昭の立場は強まり,翌年4月,正親町天皇の調停でいったん講和が成る。しかし信玄横死の報が伝えられた翌々月には立場が逆転。打倒信長の妄執と信玄生存に賭け7月宇治槙嶋城に蜂起した義昭はわずか17日で信長軍に屈し,実子義尋を質に差し出して河内若江に退去,ここに室町幕府は倒壊した。以後も紀伊由良,備後鞆と流寓し,毛利氏を頼って再起を図るも果たさず,天正8年の本願寺降伏で義昭の壮図も絶望的となる。同13年豊臣秀吉の関白任官で将軍復位を断念した義昭は,3年後上洛して槙嶋に寓居し,出家して昌山と号し,朝廷からは准后の待遇を受けた。文禄の役に従軍したが,慶長2(1597)年大坂で病死。形骸化した将軍権力と謀略を手掛りに,信長に抵抗した人物として個性的である。<参考文献>奥野高広『足利義昭

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがよしあき【足利義昭】

1537‐97(天文6‐慶長2)
室町幕府15代将軍。足利義晴の次男。母は近衛尚通の女。尚通の子稙家の猶子として奈良一乗院門跡となり覚慶と称した。1565年(永禄8)兄義輝が三好三人衆に弑逆(しぎやく)されたとき幽閉されたが,細川藤孝(幽斎)らの活躍で一乗院を脱出,近江の和田惟政を頼り,のち矢島に移って義秋と名のり,従五位下左馬頭に叙任して将軍となる意志を明らかにし足利義栄に対立した。そして若狭を経て越前の朝倉義景のもとに赴き,68年元服して義昭と改名した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あしかがよしあき【足利義昭】

1537~1597) 室町幕府一五代将軍(在職1568~1573)。義晴の子。1568年,織田信長に擁されて将軍となる。のち不和を生じ信長を討とうとしたが,73年京都を追われ,幕府は滅亡した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利義昭
あしかがよしあき

[生]天文6(1537).11.3.
[没]慶長2(1597).8.28. 大坂
室町幕府最後の 15代将軍 (在職 1568~73) 。義晴の次男。義輝の弟。母は近衛稙家 (たねいえ) の娘。天文 11 (1542) 年 11月,稙家の義子となって興福寺一乗院に入室,覚慶と称し,永禄5 (62) 年,一乗院門跡となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利義昭
あしかがよしあき
(1537―1597)

室町幕府第15代将軍。義晴(よしはる)の子。母は前関白近衛尚通(このえひさみち)の女(むすめ)。天文(てんぶん)6年11月3日京都に生まれる。初め興福寺一乗院に入り、のち同門跡(もんぜき)となり覚慶(かくけい)と号した。1565年(永禄8)5月兄将軍義輝(よしてる)が暗殺され、監視を受けるが脱出。供衆(ともしゅう)近江(おうみ)和田惟政(わだこれまさ)の館に到着、各方面に幕府復興の協力を要請。1566年2月還俗(げんぞく)し義秋(よしあき)と称した。のち若狭(わかさ)を経て越前(えちぜん)の朝倉義景(あさくらよしかげ)に頼る。1568年4月元服し義昭と改名。7月織田信長に迎えられ、9月京都に進み、10月征夷(せいい)大将軍、参議、左近衛権中将(さこんえごんのちゅうじょう)となる。1569年毛利元就(もうりもとなり)と大友宗麟(おおともそうりん)、上杉輝虎(うえすぎてるとら)(謙信(けんしん))と武田信玄(たけだしんげん)との講和を図るなど政治的に動きだした。1570年(元亀1)信長が呈出した条書で政治行動を規制され、その時点で信玄と盟約。1572年信長に対する包囲網が完成し、翌1573年(天正1)浅井長政(あさいながまさ)、朝倉義景らは敗死するが挙兵。信長のため将軍の座を追われ、室町幕府は滅びた。のち紀伊由良(ゆら)の興国(こうこく)寺に移座。幕府の再興に一生を賭(か)ける。1576年備後鞆(びんごとも)(福山市)に移り、毛利氏に頼る。毛利氏は信長と断交し、石山本願寺も挙兵。のち信長と義昭を頂点とする勢力とが戦い、戦略を展開する。上杉謙信の死と信長の鉄船の出現で、本願寺は敗退。信長の死後は、羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉に帰京を要請。秀吉は義昭の養子となり、征夷大将軍を望むが拒否される。1588年(天正16)すでに帰京し、出家して昌山。のち三后に准ぜられた。文禄(ぶんろく)の役(えき)に名護屋(なごや)本営(佐賀県唐津市)に従軍。慶長(けいちょう)2年8月28日大坂で死去。法号は霊陽院昌山道休。京都相国寺霊陽院に葬られる。[奥野高広]
『奥野高広著『足利義昭』(1960・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の足利義昭の言及

【朝倉義景】より

…越前の戦国大名。孝景の子,母は隣国若狭武田氏の娘。1548年父孝景の死により16歳で領国支配を受け継ぐ。はじめ孫次郎延景,52年,将軍足利義輝の偏諱(へんき)を受け左衛門督義景と名のる。当初,越後の上杉謙信と攻守同盟を結び,加賀一向一揆の挟撃をもくろみ,何度も加賀に出陣。65年(永禄8)将軍義輝が松永久秀に殺されると,弟の義昭を一乗谷に迎え入れ,松永と対抗。しかし義昭を奉じて上洛する意志がないため,68年,義昭は織田信長とともに上洛。…

【安土桃山時代】より

…織田信長が室町幕府15代将軍足利義昭を擁して入京した1568年(永禄11)から,関ヶ原の戦によって徳川家康の覇権が確立した1600年(慶長5)までの約30年間を指し,織田・豊臣時代(織豊政権)ともいう。時代区分のうえでは江戸時代と合わせて近世(幕藩体制)にあたり,封建社会が成立・展開する時期である。…

【越前国】より

…旧国名。北陸道に属する大国(《延喜式》)。現在の福井県のうち南西部の旧若狭国を除いた北東部を占める。
【古代】
 北陸地方は古くは(こし)(高志)とよばれ,越前に当たる地域には角鹿(つぬが)国造,三国国造がいた。越は蝦夷経営の前進基地としての政治的役割をもち,589年に阿倍臣を北陸道に遣わし越等の諸国の境を視察させている。また658年(斉明4)および660年,越国守阿倍比羅夫が粛慎(みしはせ)を討っているのも,越の位置づけを物語る(なお,658年は誤りとする説もある)。…

【近江国】より

…旧国名。江州。現在の滋賀県にあたる。
【古代】
 東山道に属する大国(《延喜式》)。〈淡海〉〈近淡海(ちかつおうみ)〉とも表記される。滋賀,栗太,甲賀,野洲,蒲生,神崎,愛智,犬上,坂田,浅井,伊香,高島の12郡からなる。《延喜式》のほか738年(天平10)の〈上階官人歴名〉(《正倉院文書》)によって当時も大国であったことが判明する。国衙跡が大津市瀬田神領町の三大寺丘陵で発掘され,国府域は方8町の四周に半町の外縁がめぐっていたと考えられている。…

【織田信長】より

…そして65年墨俣(すのまた)に砦を築き美濃への攻撃を強め,67年ついに斎藤竜興を追って美濃を征服し,井之口を岐阜と改称して拠点とし〈天下布武〉の印判使用を開始した。そして68年足利義昭を擁して上洛,三好三人衆を追って幕府を再興,実質的な畿内支配を実現した。そして将軍のため二条城を造営する一方,殿中掟・事書五箇条を定めて将軍権力を牽制し,70年(元亀1)浅井・朝倉軍を近江姉川の戦に破り,ついで河内に進出したところ石山の本願寺顕如が決起して浅井・朝倉軍に呼応したため退却し,天皇の権威をかりて講和した。…

※「足利義昭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足利義昭の関連キーワード室町殿正和部屋衆安養院厩奉行最後の将軍徳川(一橋)慶喜曾我尚祐蜷川親俊室町幕府法

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足利義昭の関連情報