コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極高国 きょうごく たかくに

2件 の用語解説(京極高国の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極高国 きょうごく-たかくに

1616-1676* 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)2年生まれ。京極高広の長男。承応(じょうおう)3年丹後(京都府)宮津藩主京極家3代となる。弟高勝の擁立をはかった父から,親不孝と悪政を幕府にうったえられ,寛文6年所領没収・一族処分となり,陸奥(むつ)盛岡に流された。延宝3年12月24日死去。60歳。幼名は仙千代。初名は高照,高好。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

京極高国

没年:延宝3.12.24(1676.2.7)
生年:元和2(1616)
江戸前期の大名。丹後国(京都府)宮津藩主。丹後田辺に生まれる。父は高広,母は姫路藩主池田輝政の娘。高照,次いで高好を称した。承応3(1654)年に襲封,丹後守。治政の当初は善政をしいたが,次第に虐政を重ねるようになり,寛文6(1666)年父が幕府へ高国の無道を訴えたため,京極家は改易となった。高国は盛岡藩にお預けとなり,盛岡で死去した。

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京極高国の関連キーワード井伊直澄佐久間勝友細川有孝堀直時本多重昭前田光高松平定時溝口宣直毛利光広米津田盛

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone