京浜道路(読み)けいひんどうろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京浜道路
けいひんどうろ

東京都と神奈川県横浜市を結ぶ第一京浜道路,第二京浜道路,第三京浜道路の総称。第一京浜道路は国道15号線の一部で京浜国道とも呼ばれ,六郷橋で多摩川を渡り,横浜市神奈川区で国道1号線に合する。総延長 29.6km。第二京浜道路は国道1号線の一部で,第一京浜道路の混雑緩和のため建設されて 1948年頃開通。第三京浜道路は東日本高速道路が管理する有料道路で,東京都世田谷区上野毛から横浜市保土ヶ谷区岡沢町にいたる 16.6km,6車線,1964年開通。東京側は環状第8号線(環八通り)を経て玉川通り,駒沢通り,目黒通りに接続し,横浜側は横浜新道を経て国道1号線に通じ,1日平均 10万台以上の交通量がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京浜道路の関連情報