コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保土ヶ谷区 ほどがや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保土ヶ谷〔区〕
ほどがや

神奈川県東部,横浜市のほぼ中央にある区。多摩丘陵の縁辺部にあり,中央を帷子 (かたびら) 川が南東に流れる。 1927年区制。 69年区の西部 (現旭区) を分割して現区域となる。地名の由来はアイヌ語転訛説など諸説があり,定まらない。保土ヶ谷町,帷子町,岩間町は江戸時代東海道の保土ヶ谷宿であった。化学,繊維,電機などの工業地区を形成していたが,JR保土ケ谷駅周辺や相模鉄道沿線の北西部の丘陵は急速に宅地化,さらに近年超高層ビルの横浜ビジネスパークなどが建てられ,ビジネス街としても発展している。中部にスポーツ施設の整った保土ヶ谷公園,西部に西谷浄水場がある。 JR横須賀線,相模鉄道,国道1号線が通るほか,横浜新道が北部で国道 466号線 (第三京浜道路) と,南部で国道 16号線 (保土ケ谷バイパス) ,横浜横須賀道路と接続する。面積 21.93km2。人口 20万5493(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

保土ヶ谷区の関連キーワード帷子戦士デザイヤー横浜市児童遊園地横浜国立大学旭[区]

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保土ヶ谷区の関連情報