京都三大祭(読み)キョウトサンダイマツリ

事典・日本の観光資源の解説

京都三大祭

葵祭の起源は欽明天皇の567年にさかのぼり、応仁の乱による中断を経て1693年(元禄6)年に再興。時代祭は1895(明治28)年、平安遷都1100年を記念して平安神宮が創建された際に始められた。祇園祭は約1100年前の平安期に疫病退散を祈願し、祇園御霊会を行ったのが起源とされる。
[観光資源] 賀茂御祖神社・賀茂別雷神社の葵祭 | 平安神宮の時代祭 | 八坂神社の祇園祭

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京都三大祭の関連情報