コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人権教育のための世界プログラム じんけんきょういくのためのせかいぷろぐらむ A World Programme for Human Rights Education

1件 の用語解説(人権教育のための世界プログラムの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

人権教育のための世界プログラム

2005年1月1日から10年間、それに先立った「人権教育のための国連10年」(1995〜2004年)のフォローアップを目的として国連総会によって決められた計画である。その第1段階(2005〜07年)の3年間は、初等・中等教育における人権教育普及に重点をおき事業が進められる。日本での取り組みは、残念ながら十分ではない。

(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人権教育のための世界プログラムの関連キーワード旧刑法ミレニアム一週今日か明日か式年狩猟期それにハッピーマンデー早生れ酒造年度

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone