人民内部の矛盾(読み)じんみんないぶのむじゅん

世界大百科事典 第2版の解説

じんみんないぶのむじゅん【人民内部の矛盾】

中国で,毛沢東が提起した革命政治理論。中国の国旗,五星紅旗は一つの大星と四つの小星をもつ。大きな星は中国共産党,小さな星は労働者,農民民族資本家,知識人を表す。これが人民範疇であり,(外国帝国主義,買弁官僚資本家,地主)とをなす。人民内部の矛盾とは五つ星の集団のあいだの矛盾をさす。毛沢東は敵と人民とのあいだの矛盾と人民間の矛盾とでは,その処理方法は違うと主張した。前者は暴力的に処理さるべきだが,後者は平和裏に処理さるべきものとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android