コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人民内部の矛盾 じんみんないぶのむじゅん

1件 の用語解説(人民内部の矛盾の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じんみんないぶのむじゅん【人民内部の矛盾】

中国で,毛沢東が提起した革命政治理論。中国の国旗,五星紅旗は一つの大星と四つの小星をもつ。大きな星は中国共産党,小さな星は労働者,農民,民族資本家,知識人を表す。これが人民の範疇であり,敵(外国帝国主義,買弁官僚資本家,地主)と対をなす。人民内部の矛盾とは五つ星の集団のあいだの矛盾をさす。毛沢東は敵と人民とのあいだの矛盾と人民間の矛盾とでは,その処理方法は違うと主張した。前者は暴力的に処理さるべきだが,後者は平和裏に処理さるべきものとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

人民内部の矛盾の関連キーワード江青新民主主義井崗山造反有理毛沢東思想林彪竹内実毛沢東の評価宇野重昭野村浩一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone