コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階級社会 かいきゅうしゃかい class society

2件 の用語解説(階級社会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

階級社会
かいきゅうしゃかい
class society

唯物史観において,生産関係における地位と役割の差異に基づく階級別に編成された社会をいう。社会的分業が発達していない生産力の低い社会では階級的区別はなく,原始共産制の共同体をなしていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいきゅう‐しゃかい〔カイキフシヤクワイ〕【階級社会】

社会の成員が二つ以上の階級に分かれ、その間に支配と服従、または対立の関係が存在する社会。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の階級社会の言及

【私有財産制】より

…ここでは生産手段たる農耕地が分割所有され,階級関係を発生させる。この階級関係は土地を媒介とし,家父長的な土地所有者と奴隷の関係であるが,この階級関係が原始的共同体を崩壊せしめて古代的階級社会を形成することになる。続く封建社会においては,財産形態は大土地所有者たる封建領主とその支配下にある農民・農奴という階級関係として現れる。…

※「階級社会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

階級社会の関連キーワード新規購買上部構造生産関係生産様式身分権持分唯物史観比例定数歴史観唯物史観の公式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

階級社会の関連情報