コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人生に疲れた人の物語 じんせいにつかれたひとのものがたり The Man Who Was Tired of Life

1件 の用語解説(人生に疲れた人の物語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人生に疲れた人の物語
じんせいにつかれたひとのものがたり
The Man Who Was Tired of Life

不完全であるが,パピルスにより知られている古代エジプトの唯一の哲学的作品。主人公とその魂との対話という形式をとり,主人公はこの世の生活に疲れたので自殺したいと魂に話しかけるが,そうすれば埋葬したり葬式を行なってあの世の生活を保証してくれる者がないだろうと反対を受ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人生に疲れた人の物語の関連キーワードパピルス柱パピルス文書リンド・パピルス不完全リンドパピルスダウガフピルス要塞グリーンフィールドパピルス《エーベルス・パピルス》カフーン・パピルスハリス・パピルス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone