コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人生に疲れた人の物語 じんせいにつかれたひとのものがたりThe Man Who Was Tired of Life

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人生に疲れた人の物語
じんせいにつかれたひとのものがたり
The Man Who Was Tired of Life

不完全であるが,パピルスにより知られている古代エジプトの唯一の哲学的作品。主人公とそのとの対話という形式をとり,主人公はこの世の生活に疲れたので自殺したいと魂に話しかけるが,そうすれば埋葬したり葬式を行なってあの世の生活を保証してくれる者がないだろうと反対を受ける。日々を楽しみ,憂いを除けという魂の言葉で終っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android