人生ゲーム

デジタル大辞泉プラスの解説

人生ゲーム

アメリカ発祥のボードゲーム。1960年発売。双六に似たゲームで、ゲームの序盤で職業が決められ、サイコロの目にしたがってコマを進め、止まったマスの指示に従い、結婚・出産・交通事故など、さまざまなライフイベントを経験しつつゴールを目指す。日本では1968年にタカラ(現・タカラトミー)が発売してヒット。以後モデルチェンジを繰り返しながら販売が続くロングセラー商品

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人生ゲームの関連情報