コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人見少華 ひとみ しょうか

2件 の用語解説(人見少華の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

人見少華

日本画家。京都生。本名勇市(また辿)。はじめ田中一華に入門し、また上田聴秋の書僕となる。京美工・京絵専卒。第三回文展で初入選、褒状受賞。日本南画院同人として同会に出品を続け、大東南宗院・平安書道会等にも参加。花鳥画を得意とし、また早くより池大雅研究を続けた。昭和43年(1968)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見少華 ひとみ-しょうか

1887-1968 明治-昭和時代の日本画家。
明治20年2月25日生まれ。42年文展で「八百屋のかど」が初入選。大正10年日本南画院創立後は同展を中心に活躍,「月中香夢」などを発表。池大雅の研究でも知られた。昭和43年死去。81歳。京都出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は勇市。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

人見少華の関連キーワード秦テルヲ松本姿水三木翠山天羽英二樫野南陽西丸いさ子富本都路(3代)二見甚郷松永東宮川竹馬

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone