人見少華(読み)ひとみ しょうか

美術人名辞典の解説

人見少華

日本画家。京都生。本名勇市(また辿)。はじめ田中一華に入門し、また上田聴秋の書僕となる。京美工・京絵専卒。第三回文展で初入選、褒状受賞。日本南画院同人として同会に出品を続け、大東南宗院・平安書道会等にも参加。花鳥画を得意とし、また早くより池大雅研究を続けた。昭和43年(1968)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見少華 ひとみ-しょうか

1887-1968 明治-昭和時代の日本画家。
明治20年2月25日生まれ。42年文展で「八百屋のかど」が初入選。大正10年日本南画院創立後は同展を中心に活躍,「月中香夢」などを発表。池大雅の研究でも知られた。昭和43年死去。81歳。京都出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は勇市。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android