コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人造麝香 じんぞうじゃこう

2件 の用語解説(人造麝香の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

人造麝香【じんぞうじゃこう】

麝香の代用とされる合成香料。麝香の香成分とは全く構造が異なるが,類似したかおりをもつ。芳香族ニトロ化合物であるムスク・キシレン,ムスク・ケトン,ムスク・アンブレットが代表的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じんぞうじゃこう【人造麝香 artificial musk】

麝香類似の香りをもつ合成された化合物。代表的動物性香料の麝香はその優れた香りのゆえに古来珍重されているが,採取量が少なく,きわめて高価である。その主成分であるムスコン,麝香に似た香りをもつ霊猫香(れいびようこう)の主成分シベトンは実験室では合成されてはいるが,工業的につくられるまでには至っていない。そのため麝香に似た香りをもつ化学物質の探索,合成が行われている。人造麝香は二つのタイプに大別される。一つは天然麝香(l‐ムスコン)が大環状ケトンであることに着目して,その類似構造をもつ化合物として合成したもので,シクロペンタデカノン,シクロペンタデカノリド,アンブレットリド,エチレンブラシラート,11‐または12‐オキサヘキサデカノリドなど,比較的合成しやすい化合物がある

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

人造麝香の関連キーワードアゾ化合物ニトロ化合物有機化合物アロマ化合物エノール環状化合物キラル化合物合成速度シチジン5'三リン酸ヤギ肉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone