コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人造麝香 じんぞうじゃこう

百科事典マイペディアの解説

人造麝香【じんぞうじゃこう】

麝香の代用とされる合成香料。麝香の香成分とは全く構造が異なるが,類似したかおりをもつ。芳香族ニトロ化合物であるムスク・キシレン,ムスク・ケトン,ムスク・アンブレットが代表的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんぞうじゃこう【人造麝香 artificial musk】

麝香類似の香りをもつ合成された化合物。代表的動物性香料の麝香はその優れた香りのゆえに古来珍重されているが,採取量が少なく,きわめて高価である。その主成分であるムスコン,麝香に似た香りをもつ霊猫香(れいびようこう)の主成分シベトンは実験室では合成されてはいるが,工業的につくられるまでには至っていない。そのため麝香に似た香りをもつ化学物質の探索,合成が行われている。人造麝香は二つのタイプに大別される。一つは天然麝香(l‐ムスコン)が大環状ケトンであることに着目して,その類似構造をもつ化合物として合成したもので,シクロペンタデカノン,シクロペンタデカノリド,アンブレットリド,エチレンブラシラート,11‐または12‐オキサヘキサデカノリドなど,比較的合成しやすい化合物がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android