コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人遠い ヒトドオイ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐どお・い〔‐どほい〕【人遠い】

[形][文]ひとどほ・し[ク]
人づきあいに慣れていない。人に親しまない。
「至って無口な、―・い少年であったが」〈蘆花思出の記
近くに人がいない。人けがない。
「御前の―・くのどやかなるをりは」〈・蛍〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひととおい【人遠い】

( 形 )
人見知りする。人に馴れていない。 「無口な、-・い少年であつたが/思出の記 蘆花

ひとどおい【人遠い】

( 形 ) [文] ク ひとどほ・し
人見知りする。人に馴れていない。 「無口な、-・い少年であつたが/思出の記 蘆花」 「 - ・いか人近いか/狂言・靭猿 三百番集本
人気ひとけがない。人家から遠い。 「お前の-・くのどやかなる折は/源氏
▽⇔ 人近い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

人遠いの関連キーワード人近い靭猿

人遠いの関連情報