コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間は万物の尺度である にんげんはばんぶつのしゃくどであるpantōn chrēmatōn metron anthrōpos; Man is the measure of all things

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間は万物の尺度である
にんげんはばんぶつのしゃくどである
pantōn chrēmatōn metron anthrōpos; Man is the measure of all things

プロタゴラスの有名な言葉で,彼の認識論上の立場を表明する,いわゆる「人間尺度命題」 homo-mensura-Satz。命題中の「人間」は,しばしば人類全体の意に解せられるが,元来は,個々の人間をさし,同一の事物,事象に対する感覚的知覚ないし判断は,個々の人間によって異なるか,あるいは対立する可能性があり,したがってすべての判断の基準は,個々人に属するという意である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にんげんはばんぶつのしゃくどである【人間は万物の尺度である】

ソフィストの代表者プロタゴラスの言葉。認識の客観である対象もその主観である人間も常に変化極まりない、故にある相対的な状況下で対象に触れて生ずる知覚のみが認識の唯一の源であり真理である、というもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

人間は万物の尺度であるの関連キーワードソフィスト相対主義

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android