コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁太夫 ニダユウ

大辞林 第三版の解説

にだゆう【仁太夫】

江戸時代、浮浪人頭の代々の称。中山仁太夫と称して江戸下谷に住み、渡世・遊芸・門付かどづけの者に鑑札を発行、これを統制した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の仁太夫の言及

【乞胸】より

…〈乞胸〉の語義は一定しないが,〈胸(お志)を乞う〉〈合棟(ごうむね)長屋の住人〉の意とする説がある。〈乞胸仁太夫(じんだゆう)〉という乞胸頭(がしら)の支配下で,200文の銭を上納して,鑑札をもらい受けた。【横井 清】。…

※「仁太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仁太夫の関連キーワード赤穂浪士一覧明石志賀之助不破数右衛門山本仁太夫江戸時代本木良永伊東燕晋大道芸車善七門付遊芸蘭学渡世曲芸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁太夫の関連情報