コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡世 トセイ

デジタル大辞泉の解説

と‐せい【渡世】

[名](スル)
この世で生きていくこと。生活すること。世渡り。「渡世の義理」
「盗賊ひとごろしの心配もなくして―するを」〈福沢学問のすゝめ
生活していくための職業。なりわい。生業。稼業(かぎょう)。「物書きを渡世とする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とせい【渡世】

社会の中で働きつつ生きていくこと。世渡り。また、その仕事。なりわい。稼業。生業。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

渡世の関連キーワード入船亭扇橋(9世)早竹虎吉(初代)マキノ 雅広寄せ場・寄場幽か・微かマキノ雅広三代目襲名遁世・遯世吉野 朝子侠客・俠客鼻っ張り茶の湯者表を張る取り続く江戸元結高峰秀子成り合ひ泥水稼業吉田祐建田中久重

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡世の関連情報