乞胸(読み)ごうむね

精選版 日本国語大辞典「乞胸」の解説

ごう‐むね ごふ‥【乞胸】

〘名〙 (お志を乞(こ)う意とも、合棟の長屋に住んでいたからともいう) 江戸時代、綾取(あやとり)、猿若(さるわか)、江戸万歳(まんざい)、辻放下(つじほうか)講釈などを演じて物貰いをした乞食芸人の集団。
※随筆・譚海(1795)一四「世間に非人にもあらずして、絹布類を著し、袖乞をなして、渡世する一種有、此ものこうむねと号す。文字には乞胸と書事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「乞胸」の解説

ごうむね【乞胸】

江戸時代から明治にかけて,都市を中心に活動した雑芸人(ぞうげいにん)で,いわゆる乞食の一種とみなされた人々の呼称。身分制度では町人の扱いを受けたが,万歳(まんざい),大黒舞(だいこくまい),節季候(せきぞろ),厄払,猿若(さるわか),辻放下(つじほうか),説経,講釈など,さまざまな雑芸を演じて門付(かどづけ)してまわり,わずかな報酬をえて生計をたてており,〈物もらい〉とも呼ばれた。その先駆形態は室町末期の《三十二番職人歌合》にすでに描かれ,編笠をかぶり,裸身で,手で胸をたたく風情である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android