コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁悟法親王 にんごほうしんのう

美術人名辞典の解説

仁悟法親王

門跡。後土御門帝第三皇子。永正12年(1515)寂、34才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁悟法親王 にんごほうしんのう

1482-1515 室町-戦国時代,後土御門(ごつちみかど)天皇の第3皇子。
文明14年閏(うるう)7月7日生まれ。天台宗。明応7年出家し,同年親王となる。円満院にはいり,のち同院門跡(もんぜき)となる。永正(えいしょう)12年閏2月12日死去。34歳。法名ははじめ仁尊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

仁悟法親王 (にんごほうしんのう)

生年月日:1482年7月7日
戦国時代の僧
1515年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

仁悟法親王の関連キーワード生年月日戦国時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android