コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁政方 じんせいがた

1件 の用語解説(仁政方の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じんせいがた【仁政方】

室町幕府の裁判機関の一つ。1341年(興国2∥暦応4)にはすでにその活動が推測され,室町幕府成立以後比較的早い時期に設置されたものと思われる。禅律方などと同様に頭人および数人の奉行人による合議(内談)が行われたらしい。幕府裁判機構の中で果たした役割は必ずしも明らかではないが,引付方における訴訟処理の過誤を救済する機関と考えられる。こうした過誤救済機関としては例えば庭中方があるが,庭中方が主として引付方審理の督促,訴訟指揮を権能としたのに対して,(1)1375年(天授1∥永和1)の東寺申状には,引付沙汰では埒(らち)が明かないから担当奉行人を仁政方に派遣して審理してほしい,とあること,(2)1377年の幕府裁許状には,越訴(おつそ)機関未設置のため仁政方で審理した,とあること,などにより機関独自に裁決原案の作成まで行ったものと推測される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仁政方の関連キーワード吟味筋裁許状所司評定所原審地奉行頭人中先代厩奉行飯尾之種

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone