禅律方(読み)ぜんりつかた

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんりつかた【禅律方】

室町幕府に置かれた禅宗・律宗寺院(個人としての禅僧律僧も含む)関係の訴訟等を取り扱った機関。室町幕府は禅律方を設けて禅律寺院を保護・統制したと推測される。禅律方の長官を頭人と呼称するが,この禅律方頭人の存在が確認できるのは,1337年(延元2∥建武4)の細川和氏から79年(天授5∥康暦1)の某まで(一時期中止される)である。頭人・奉行等で構成される禅律方の職掌は,訴訟当事者の一方が禅律寺院()である所務訴訟(所領関係の訴訟)等の裁許を行うこと(判決は頭人の奉書で発給される),またこれら寺院の規式の作成等であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜんりつ‐かた【禅律方】

〘名〙 室町幕府初期の職制の一つ。禅宗寺院の管理機関で、住持の推挙、寺領訴訟の処置などの庶務をつかさどった。建武四年(一三三七)にはすでに設置されていたとみられる。康暦元年(一三七九)に僧録制度が創設されて以後、その職務は僧録司に吸収された。
※臨川寺重書案文‐・康永元年(1342)七月一〇日・大高重成奉書案「一備後国垣田庄、一通〈禅律方〉奉書」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android