コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁王仁太夫 におう にだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁王仁太夫 におう-にだゆう

?-? 江戸時代前期の力士。
寛永(1624-44)ごろの人。東の大関の座にあり,京都での取組で西の大関明石(あかし)志賀之助を頭上にもちあげてなげようとしたが,胸をけられてまけたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仁王仁太夫の関連キーワード寛永コックスオスロアンヘレスコックスソテロ福島正則歌舞伎年代記佐渡金山東海道

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone