コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井卯木 いまい うぼく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井卯木 いまい-うぼく

1873-1928 明治-大正時代の川柳作家。
明治6年11月13日生まれ。東京専門学校(現早大)でまなび,横浜の生糸貿易商社につとめる。退社後大阪にうつり,明治42年関西川柳社の創立同人となる。阪井久良伎(くらき)にすすめられ,古川柳を分類,解釈した「川柳江戸砂子」をまとめた。昭和3年2月3日死去。56歳。群馬県出身。名は幸吉。句集に「卯木句集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の今井卯木の言及

【川柳】より

…2人はそれぞれ《日本》《電報》両新聞に拠って普及につとめた。剣花坊門の村田周魚は《川柳きやり》(1920),川上三太郎は《川柳研究》(1929)を発刊し,久良伎門の前田雀郎は24年丹若会を結成,今井卯木が1909年関西川柳社を創立,西田当百,岸本水府の《番傘》(1913),麻生路郎(じろう)の《川柳雑誌》(1924),椙元(すぎもと)紋太の《ふあうすと》(1929)が生まれるに至った。吟社の数は現在では全国800余社を数えるに至っている。…

※「今井卯木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今井卯木の関連キーワード大正時代明治

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android