コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今城峴山 いまき けんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今城峴山 いまき-けんざん

1748-1806 江戸時代中期-後期の儒者。
寛延元年生まれ。京都で曾我部容所に折衷学をまなぶ。寛政6年信濃(しなの)(長野県)松本藩にまねかれ,設立された藩校崇教館教授として,学館の運営に力をつくした。文化3年死去。59歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。名は世綱。字(あざな)は公紀。通称は周左衛門。著作に「松本孝子伝」,遺著に「峴山遺稿」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今城峴山の関連キーワード儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android