コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今市かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

今市かぶ

奈良県奈良市で生産されるカブ。小ぶりで肌は繊細で風味良好。葉も柔らかく食用に適す。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

今市かぶ[根菜・土物類]
いまいちかぶ

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
主に奈良市高樋町で生産されている。奈良市今市町で生まれた品種で早生種中型の偏球形をしたカブで、皮は白い。肉質が良く、甘みもあるため、葉とともに煮物や漬物に重用された。しかし、昭和40年代以降は栽培する農家が減少。市場での流通もおこなわれなくなり、一時は今市町での栽培も途絶えた。現在は、奈良県内の種苗会社が保存していた種子から選ばれたものを栽培しているのみ。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今市かぶの関連キーワード奈良県奈良市近畿地方帯解

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android