コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今御前の母 いまごぜんのはは

1件 の用語解説(今御前の母の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

今御前の母

生年:生没年不詳
親鸞が晩年の弘長2(1262)年11月12日,常陸国(茨城県)の門弟に対し,その生活を支持するように頼んだ自筆書状にみえる女性。恵信尼以外の親鸞の妻とみて,親鸞には2人の妻がいたとする説や,親鸞と恵信尼の間の娘覚信尼のこととする説などがある。<参考文献>赤松俊秀『親鸞』

(細川涼一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今御前の母の関連キーワード親鸞聖人覚信尼弘長晩節今御前母五条院新陽明門院仁助法親王無為信二階堂行頼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone