コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松俊秀 あかまつ としひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松俊秀 あかまつ-としひで

1907-1979 昭和時代の日本史学者。
明治40年4月28日生まれ。生家は真宗大谷派寺院。京都府庁にはいり,社寺の宝物調査に従事する。京都府教育委員会文化財保護課長をへて,昭和28年京大教授。社寺宝物を調査しておおくの新史料を発見し,多方面にわたる業績をあげた。昭和54年1月24日死去。71歳。北海道出身。京都帝大卒。著作に「鎌倉仏教の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤松俊秀の関連キーワード今御前の母親鸞(僧)昭和時代室町幕府泉涌寺愚管抄恵信尼覚信尼いや女慈円東寺雑掌覚超

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android