コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松俊秀(読み)あかまつ としひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松俊秀 あかまつ-としひで

1907-1979 昭和時代の日本史学者。
明治40年4月28日生まれ。生家は真宗大谷派寺院。京都府庁にはいり,社寺の宝物調査に従事する。京都府教育委員会文化財保護課長をへて,昭和28年京大教授。社寺宝物を調査しておおくの新史料を発見し,多方面にわたる業績をあげた。昭和54年1月24日死去。71歳。北海道出身。京都帝大卒。著作に「鎌倉仏教の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android