コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵信尼 えしんに

8件 の用語解説(恵信尼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恵信尼
えしんに

[生]寿永1(1182)
[没]文永5(1268)? 越後
鎌倉時代の女性。親鸞の妻。親鸞の越後配流のとき結ばれたようである。『恵信尼消息』 10通が現存。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えしん‐に〔ヱシン‐〕【恵信尼】

[1182~1268?]親鸞(しんらん)の妻。越後の豪族三善為則の娘という。親鸞の越後配流のときに結ばれ、信蓮房らを産んだ。消息10通が現存。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

恵信尼【えしんに】

親鸞(しんらん)の妻。父は越後介の三善為教(みよしためのり)といわれる。29歳の頃,越後流罪中の親鸞と結婚した。小黒女房(こぐろにょうぼう)・善鸞(ぜんらん)・明信(みょうしん)・益方(ますかた)・高野禅尼(こうやぜんに)・覚信尼(かくしんに)の3男3女の母。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恵信尼 えしんに

1182-1268? 鎌倉時代,親鸞(しんらん)の妻。
寿永元年生まれ。京都から越後(えちご)(新潟県)に流罪(るざい)となった親鸞にしたがう(一説には越後で結婚)。ゆるされた夫とともに関東,京都でくらし,のちひとり越後にかえったとされる。善鸞ら3男3女を生む。晩年娘の覚信尼にあてた10通の手紙(恵信尼消息)は比叡山(ひえいざん)や関東などでの親鸞の行状がしるされ,貴重な史料となっている。文永5年?死去。87歳?

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

恵信尼

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:寿永1(1182)
鎌倉時代,親鸞の妻。父は三善為教。前半生は不明だが,妻になったのは親鸞が法然門下に入ったころと,越後国(新潟県)流罪後との両説がある。建暦1(1211)年,越後で信蓮房を生み,同年赦免された親鸞と共に建保2(1214)年に子女を連れて上野国(群馬県)から常陸国(茨城県)笠間郡稲田に移住した。文暦1(1234)年親鸞の帰京時に恵信尼も帰京したか,直接越後にいったかは不明だが,親鸞の生存中に越後で在地領主として所領を経営している。その後については,父と同居していた娘の覚信尼宛の書状が,康元1(1256)年から文永5(1268)年までの10通残っており,最後の書状は87歳のときであったことが確かめられる。書状の内容は,覚信尼への下人譲状,親鸞の訃報を聞いて若き日の親鸞が六角堂に参籠して聖徳太子の示現を蒙り法然のもとに赴いたこと,上野国佐貫で三部経を読誦しようと思って取りやめたこと,恵信尼が法然を勢至,親鸞を観音と夢見たことなど,親鸞の重要なエピソードが語られるほか,所領の経営状況,下人の管理,小袖や縫針を貰った礼,自分の健康状態,子供や孫のことなど細かに記され,親鸞研究だけでなく,地方在住の女性の知的水準,生活や信心を知るうえで貴重な史料となっている。<参考文献>赤松俊秀『親鸞』,宮崎円遵「恵信尼文書」(『宮崎円遵著作集』3巻)

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えしんに【恵信尼】

1182‐1268?(寿永1‐文永5?)
浄土真宗の開祖親鸞の妻。父は越後介の三善為教という。29歳のころ当時越後に流罪中の親鸞と結婚した。小黒女房・善鸞・明信・益方・高野禅尼・覚信尼の3男3女の母。1214年(建保2)33歳のころ親鸞と東国に行き,52歳のころ京都に移り,72歳のころ越後に帰住。親鸞没後,娘覚信尼にあてた恵信尼の書状が現存し,親鸞の比叡山修行期,東国伝道期などの行状がしるされていて,彼の伝記解明の貴重な史料である。また弘長・文永年間の越後の飢饉とそれを生きぬく苦難のありさまもしるされ,鎌倉時代の地方女性の生活を知るうえでも重要な文献である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えしんに【恵信尼】

1182~1268) 親鸞しんらんの妻。親鸞に従い東国・北陸地方を遍歴し越後で没す。信蓮房・覚信尼らの母。消息一〇通が現存する。生没年等には異説がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恵信尼
えしんに
(1182―1268)

浄土真宗の開祖親鸞(しんらん)の妻。『大谷一流系図』には兵部大輔(ひょうぶだいぶ)三善為教(みよしためのり)の娘とあるが、異論がある。「ちくせん」(筑前)ともいったことが娘覚信尼あての手紙で知られる。1207年(承元1)越後(えちご)(新潟県)に流罪になった親鸞と結ばれ6人の男女の母となった。親鸞が流罪を解かれたのちは、ともに関東、京都に住んだが、晩年は越後に帰った。親鸞の死は越後で知り、喪があけたとき、娘あての手紙を書いているが、親鸞の叡山(えいざん)での身分、法然(ほうねん)(源空(げんくう))との出会い、信仰上の回心(えしん)などを伝えるとともに、恵信尼が夫親鸞を観音の化身と思い続けてきたことを記している。「恵信尼消息」10通が現存。[石田瑞麿]
『石田瑞麿訳註『親鸞とその妻の手紙』(1968・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恵信尼の関連キーワード如信上人覚如兼有後半生前半生三善坊守玉日三善倫経親鸞上人絵伝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恵信尼の関連情報