コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今木神 いまきのかみ

2件 の用語解説(今木神の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今木神 いまきのかみ

京都平野神社の祭神。
桓武(かんむ)天皇の生母で,百済(くだら)(朝鮮)系渡来氏族出身の高野新笠(たかのの-にいがさ)の祖神。今木は今来(新来)の意味。大和(奈良県)高市(たけち)郡にすみついた渡来系の人々によりまつられていたが,遷都にともない京都にうつされた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今木神

平野神社(京都市北区)に祭られる神。「今木」の「木」は「来」の当て字で,今あらたにきた人々が祭る神の意。もともと,大和国(奈良県)高市郡今木の地に住みついた渡来系の人々によって祭られていた神。光仁天皇の夫人高野新笠(百済系)の祖神とされたが,新笠の子の桓武天皇の代に至って現在の地に祭られ,のちに平氏の氏神となった。

(佐佐木隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の今木神の言及

【平野神社】より

…京都市北区平野宮本町に鎮座。今木(いまき)神,久度(くど)神,古開(ふるあき)神,比咩(ひめ)神をまつる。794年(延暦13)平安遷都により,それまで大和国各所に奉斎されていた今木神,久度神,古開神を遷座,それに比咩神を加え奉斎した社。…

※「今木神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今木神の関連キーワード中西石陰賀茂別雷神社火の神平野神社紫野今木の神今宮神社十六社新熊野神社男使ひ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone