今来(読み)イマキ

デジタル大辞泉の解説

いま‐き【今来】

新しく来たこと。また、その人。
古代、新たに帰化した人。
「―の才伎(てひと)」〈雄略紀〉

こん‐らい【今来】

今まで。現在に至るまで。「古往今来
現在。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いまき【今来】

古代、新たに渡来した者。 「百済の貢たてまつれる-の才伎てひと/日本書紀 雄略訓

こんらい【今来】

今まで。 「古往-」
ただ今。現在。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いま‐き【今来】

〘名〙
① 新しく来ること。また、その人。今参り。新参
古代、新たに渡来した人。
※書紀(720)雄略七年是歳(前田本訓)「百済の貢(たてまつ)れる、今来(イマキ)の才伎(てひと)を大嶋の中に集聚(つど)へ」

こん‐らい【今来】

〘名〙
① 今まで。今に至るまで。古往今来の形で用いることが多い。
中華若木詩抄(1520頃)下「万巻の書をよみ破りたれば、今来古往、天地間あらゆる処の栄華と云ことも、枯槁と云ことも」
② ただ今。現在。また、最近。〔日葡辞書(1603‐04)〕〔曹植‐情詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今来の関連情報