コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今来 イマキ

デジタル大辞泉の解説

いま‐き【今来】

新しく来たこと。また、その人。
古代、新たに帰化した人。
「―の才伎(てひと)」〈雄略紀〉

こん‐らい【今来】

今まで。現在に至るまで。「古往今来
現在。〈日葡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いまき【今来】

古代、新たに渡来した者。 「百済の貢たてまつれる-の才伎てひと/日本書紀 雄略訓

こんらい【今来】

今まで。 「古往-」
ただ今。現在。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今来の関連キーワードクラッシック&モダンシリーズ掛ける・懸ける小倉百人一首平野神社蘇我蝦夷大伴室屋阿知使主今木の神待ち出づ今木神鞍作鳥モダン新漢人小戻り渡来人錦織部東漢掬宇宙論隼人司妹ら許

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今来の関連情報