今泉今右衛門(14代)(読み)いまいずみ いまえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「今泉今右衛門(14代)」の解説

今泉今右衛門(14代) いまいずみ-いまえもん

1962- 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和37年12月30日生まれ。昭和63年京都の鈴木治師事。平成2年有田の父・13代今泉今右衛門のもとにもどる。8年日本伝統工芸展初入選。9年日本陶芸展入選。10年「染付墨はじき梅花文鉢」で日本伝統工芸展工芸会会長賞。同年日本工芸会正会員。14年14代今泉今右衛門を襲名。16年「色絵薄墨墨はじき雪文鉢」で日本伝統工芸展東京都知事賞。20年MOA岡田茂吉賞。22年日本工芸会理事。26年色絵磁器で人間国宝。佐賀県出身。武蔵野美大卒。本名は雅登。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android