コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今西徳左衛門 いまにし とくざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今西徳左衛門 いまにし-とくざえもん

1779-1833 江戸時代後期の農民。
安永8年生まれ。大和(奈良県)吉野郡の人。吉野川の支流丹生(にう)川の両岸に,柵(さく)(張瀬(はらせ)という)をつくり,洪水時に搬出木材が流失するのをふせぐ。これにより筏(いかだ)にくんで和歌山に木材を確実に運べるようになった。天保(てんぽう)4年5月10日死去。55歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今西徳左衛門の関連キーワード産業革命史(年表)ハーシェル後桃園天皇後桃園天皇カージャール朝浦上玉堂ティチングブロンホフ後桃園天皇平賀源内

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone