コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今里伝兵衛 いまざと でんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今里伝兵衛 いまざと-でんべえ

1610-1660 江戸時代前期の治水家。
慶長15年生まれ。播磨(はりま)古宮村(兵庫県播磨町)の大庄屋。明暦元年加古川の水をとりいれ新井(しんゆ)水道の建設に着工,翌年完成させた。延長およそ13km,工事にはのべ16万4000人を要したという。万治(まんじ)3年11月12日死去。51歳。名は重幸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今里伝兵衛の関連キーワードアンリ4世浅井了意古典主義ガリレイアンリ(4世)ガリレイチャールズ伊達騒動チャールズフリードリヒ・ウィルヘルム

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android