コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介護休業制度 かいごきゅうぎょうせいど

百科事典マイペディアの解説

介護休業制度【かいごきゅうぎょうせいど】

親や家族の介護のために一定期間休業を認める制度。1989年にスウェーデンでは親族介護有給休暇法が施行された。日本でも一部導入し始める企業もあったが,1992年4月から育児休業法が公務員を対象として施行され,1995年6月に育児休業法の一部が改正されて〈介護休業法〉を新設した〈育児・介護休業法〉が成立し,全企業・自治体に1999年4月から施行された。
→関連項目介護休業手当

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

介護休業制度の関連キーワードマタニティ・ハラスメント育児休業制度労働条件介護休業介護離職育休切り

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

介護休業制度の関連情報