コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏の正月 ホトケノショウガツ

デジタル大辞泉の解説

ほとけ‐の‐しょうがつ〔‐シヤウグワツ〕【仏の正月】

正月の三が日を避けて、仏壇に雑煮を供え、または墓参りをすること。正月16日または18日ごろにする地方が多いが、四国地方では、新仏(にいぼとけ)の正月として12月初めの辰(たつ)・巳(み)あるいは巳(み)・午(うま)の日に行い、辰巳正月・巳正月・巳午正月などともいう。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほとけのしょうがつ【仏の正月】

年内に死人のあった家で、清らかな新年を迎えるために、12月の巳または午の日に正月の行事をしてしまうこと。四国地方に多い習俗。巳の日正月。巳午みうま

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仏の正月の言及

【女の正月】より

…元日を中心とする大正月が〈男の正月〉〈男の年取り〉とよばれるのに対して,1月15日を中心とする小正月を〈花正月〉や〈仏の正月〉のほか,〈女の正月〉〈女の年取り〉とよぶ所がある。女の正月とよばれる日や期間は地方によって異なる。…

【取越正月】より

…近代以前にしばしば行われたことで,時期的には6月前後が多かった。これと心意を同じくするものは現行の民俗にも多く,例えば,年内に不幸のあった家で12月巳の日などに餅を搗いて墓前で食べるという四国地方の仏の正月(巳正月(みしようがつ),辰巳正月(たつみしようがつ)ともいう)は,亡者と最後の食別れをして旧年を脱し,清らかになって新春を迎えようとするものと思われる。また,厄年の者が2月1日に簡単な正月の設けをして年重ねの儀礼を行うことは各地にあるが,厄のついた旧年から早く逃れようとする心意からきている。…

※「仏の正月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

仏の正月の関連キーワード女の正月御魂祭女正月年内死人

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android