コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏厳 ぶつごん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仏厳 ぶつごん

?-? 平安後期-鎌倉時代の僧。
真言宗。高野山教尋に師事し,のち大伝法院の学頭となる。九条兼実に近侍して祈祷(きとう)や法談をおこなう。医術にすぐれたという。兼実の日記「玉葉」に嘉応(かおう)2年(1170)以後しばしば名がみえる。法名聖心(しょうしん)。著作に「十念極楽易往集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仏厳の関連キーワード鎌倉時代藤原成頼真言宗

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android