コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教尋 きょうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

教尋 きょうじん

?-1141 平安時代後期の僧。
大和(やまと)(奈良県)の人。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺で天台をまなび,のち京都の真言宗仁和(にんな)寺で性信(しょうしん)入道親王から灌頂(かんじょう)をうける。高野山で覚鑁(かくばん)らを指導。高野山大伝法院創建に際し,覚鑁から学頭にまねかれた。保延(ほうえん)7年3月23日死去。俗姓は平(たいら)。号は宝生房。著作に「顕密差別問答鈔」「五音声論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android