コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教尋 きょうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

教尋 きょうじん

?-1141 平安時代後期の僧。
大和(やまと)(奈良県)の人。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺で天台をまなび,のち京都の真言宗仁和(にんな)寺で性信(しょうしん)入道親王から灌頂(かんじょう)をうける。高野山で覚鑁(かくばん)らを指導。高野山大伝法院創建に際し,覚鑁から学頭にまねかれた。保延(ほうえん)7年3月23日死去。俗姓は平(たいら)。号は宝生房。著作に「顕密差別問答鈔」「五音声論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

教尋の関連キーワード仏厳

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android