コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏祖統紀 ぶっそとうきFo-zu tong-ji

3件 の用語解説(仏祖統紀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏祖統紀
ぶっそとうき
Fo-zu tong-ji

中国,南宋の志磐著。 54巻。天台宗の相承に基づき,釈尊以下インド,中国の高僧の伝記,系統などを記したもの。釈迦本紀,西土二十四祖紀,東土九祖紀を含む本紀8巻,198人の伝記を記した世家2巻,378人の伝記である列伝 12巻,表2巻,山家教典志などの志 30巻から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶっそとうき【仏祖統紀】

中国天台宗の立場から編纂された仏教通史。五四巻。1269年完成。宋の志磐しはん編。釈迦に始まり宋代の各派の僧に至る伝記の集大成。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone