仕似す/為似す(読み)シニス

デジタル大辞泉の解説

し‐に・す【仕似す/為似す】

[動サ下二]
似せて物事をする。まねる。
「かやうの万物の品々をよく―・せたらんは」〈花伝・六〉
先祖代々の家業を受け継ぐ。
「譲り状にて家督請け取り、―・せおかれし商売」〈浮・永代蔵・四〉
仕事や商売を長年続けて得意や信用がある。資産をつくる。
「親の時より次第に―・せたる見世にて」〈浮・織留・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しにす【仕似す】

( 動下二 )
まねてする。似せようと努める。 「かやうの万物の品々をよく-・せたらんは/風姿花伝」
父祖の業を引き継いで守る。 「譲状にて家督請取り-・せおかれし商売/浮世草子・永代蔵 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android