コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得意 トクイ

デジタル大辞泉の解説

とく‐い【得意】

[名・形動]
自分の思いどおりになって満足していること。「得意の絶頂」⇔失意
誇らしげなこと。また、そのさま。「得意な顔」「得意になる」
最も手なれていて自信があり、じょうずであること。また、そのさま。得手(えて)。「得意な競技種目」「得意中の得意
いつも商品を買ってもらったり取引したりする相手。顧客(こかく)。お得意。
親しい友。
「東山の辺にぞ―はある。いでさらば文をやらう」〈平家・五〉
[派生]とくいがる[動ラ五]とくいげ[形動]とくいさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とくい【得意】

店商(みせあきない)や市商(いちあきない)の行われにくい場所では,かつて行商(ぎようしよう)が盛んに行われた。行商には,呼売振売(ふりうり)など近まわりのものから,近江商人や富山の薬売のように全国的なものまであった。漁村では,獲れた鮮魚や貝・藻を近郊の農村などに売り歩く婦人の行商が,多くみられた。これらは,イタダキやボテフリ,オタタなどと呼ばれたが,それぞれ,売り歩く先に得意をもっていた。これらの得意先は,行商人によって固定している場合が多く,母から娘へ,あるいは姑から嫁へ引き継がれ,数代にわたってその関係を維持してきたものも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とくい【得意】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
望みがかない満足していること。 ↔ 失意 「 -の絶頂」
誇らしげな・こと(さま)。 「優勝して-な顔をする」
上手で、そのことに自信もある・こと(さま)。えて。おてのもの。 「 -な技」 「 -中の-」 「お-の料理」
商店などで、よく品物を買ってくれる客。 「上-」 「お-さん」 「 -客」
親しい友。 「彼の項伯と年来-として一事を隔つることなし/今昔 10
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

得意の関連キーワード川立ちは川で果てるスポーツウーマンウオータードッグ小鼻をうごめかす寝技師・寝業師肩で風を切る持ち技・持技持ち役・持役鼻を高くする鼻に掛けるおかめ団子御株を奪う髭を撫でるカスタマー御手の物注文取り松田浮舟鼻が高い道化役者喧嘩四つ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

得意の関連情報