コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得意 トクイ

デジタル大辞泉の解説

とく‐い【得意】

[名・形動]
自分の思いどおりになって満足していること。「得意の絶頂」⇔失意
誇らしげなこと。また、そのさま。「得意な顔」「得意になる」
最も手なれていて自信があり、じょうずであること。また、そのさま。得手(えて)。「得意な競技種目」「得意中の得意
いつも商品を買ってもらったり取引したりする相手。顧客(こかく)。お得意。
親しい友。
「東山の辺にぞ―はある。いでさらば文をやらう」〈平家・五〉
[派生]とくいがる[動ラ五]とくいげ[形動]とくいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とくい【得意】

店商(みせあきない)や市商(いちあきない)の行われにくい場所では,かつて行商(ぎようしよう)が盛んに行われた。行商には,呼売振売(ふりうり)など近まわりのものから,近江商人や富山の薬売のように全国的なものまであった。漁村では,獲れた鮮魚や貝・藻を近郊の農村などに売り歩く婦人の行商が,多くみられた。これらは,イタダキやボテフリ,オタタなどと呼ばれたが,それぞれ,売り歩く先に得意をもっていた。これらの得意先は,行商人によって固定している場合が多く,母から娘へ,あるいは姑から嫁へ引き継がれ,数代にわたってその関係を維持してきたものも多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とくい【得意】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
望みがかない満足していること。 ⇔ 失意 「 -の絶頂」
誇らしげな・こと(さま)。 「優勝して-な顔をする」
上手で、そのことに自信もある・こと(さま)。えて。おてのもの。 「 -な技」 「 -中の-」 「お-の料理」
商店などで、よく品物を買ってくれる客。 「上-」 「お-さん」 「 -客」
親しい友。 「彼の項伯と年来-として一事を隔つることなし/今昔 10
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

得意の関連キーワード川立ちは川で果てる小鼻をうごめかすスポーツウーマンウオータードッグ肩で風を切る鼻を高くする持ち技・持技カスタマー髭を撫でる御株を奪う得意先管理おかめ団子鼻に掛けるステイヤー喧嘩四つ松田浮舟武士の情新規開拓注文取り御手の物

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

得意の関連情報