(読み)タ

デジタル大辞泉の解説

た【他】

示されたもの以外のもの。ほか。「は推して知るべし」「チーム」
自分以外の人。ほかの人。他人。「の迷惑を顧みない」
ほかの場所。よそ。「住所をに移す」

た【他】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]ほか あだし
学習漢字]3年
当面のものや自分以外の事柄。ほか。ほかの。「他国他日他社他人他方他力(たりき)自他諸他排他利他
あるべき心と違う。「他意他心
[名のり]おさ・ひと
[難読]他所(よそ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

た【他】

それ以外の物事。別のこと。ほか。 「 -に例がない」 「 -の問題にとりかかる」
自分以外の人。ほかの人。他人。 「自-ともに認める」 「 -の人」
ほかの所。別の所。よそ。 「 -に移る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

た【他】

〘名〙
① 特定の事物や場合と別であること。また、その事物、場合。ほか。べつ。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「其の日頃は〈略〉相撲の事をのみ、たの御心なく、日の近くなるままに、急ぎて日々に参り給ふ」 〔孟子‐梁恵王〕
② 特定の人以外の人。ほかの人。自分以外の人。また、自分の親族以外の人。血縁のない人。別人。他人。⇔自(じ)
※中院本平家(13C前)三「朝恩のたにことなるを忘れて、みだりがはしう君をなみし参らせさせ給はん事、神慮の程はかりがたし」 〔白居易‐酬思黯戯贈詩〕
③ 外の事を思いめぐらす心。その事にそむき裏切るような気持。あだしごころ。ふたごころ。二心(にしん)。〔詩経‐鄘風・柏舟〕
④ ほかのところ。また、ほかの家。よそ。他所。「居を他に移す」
※昼夜重宝記(1690)神祇「父死去の後、母他(タ)へ嫁(か)して死去の時は、定式(でうしき)の服忌」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

他の関連情報