付墨(読み)つけずみ

精選版 日本国語大辞典「付墨」の解説

つけ‐ずみ【付墨】

〘名〙
でしるしをつけること。
俳諧・桜川(1674)春一「付墨やきえずはありとも初灸〈繁常〉」
和歌連歌・俳諧などの作品の中ですぐれた物にのしるしを付けること。合点(がってん)。批点。
※長短抄(1390頃)下「善阿の点はさして風情珍しからざれども、誤りなく正しきをえらびて付墨をせり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android