付添看護(読み)つきそいかんご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付添看護
つきそいかんご

通常,保険医療機関で受診する際に,その医療機関の看護担当者が行なう場合と異なり,療養のために特に必要とされる場合に,被保険者が保険者 (健康保険組合等) の承認を得たうえで,特別に保険医療機関の外部から看護担当者を雇い入れてその者に看護を行なわせること。付添看護は,「基準看護の承認を受けていない病院」 (基準看護サービスの承認を受けている保険医療機関では,付添看護師をつけることは認められていない) に入院した場合にかぎり認められていた。しかし 1994年の健康保険法改正により,1996年3月までに付添看護は廃止され病院の看護師,職員による看護に切り替わった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android