コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台箪笥

2件 の用語解説(仙台箪笥の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

仙台箪笥

ケヤキなどの美しい木目を浮かび上がらせる漆塗りと、取り付けられている豪華な鉄の飾り金具が特徴だ。仙台藩の地場産業として江戸時代末期に誕生したという。生産の全盛期は、明治時代から大正中期にかけてで、ヨーロッパにも輸出された。

(2013-12-18 朝日新聞 朝刊 宮城全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

仙台箪笥

宮城県仙台市を中心に生産される工芸品。主にケヤキや栗を材料とし、鉄製の飾り金具をとりつけた和箪笥。江戸時代末期から製造されている。国および県の伝統的工芸品に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仙台箪笥の関連キーワード上がり框浮かび上がる・浮か上がる・浮び上がる腰を浮かす投光照明浮揚ライトアップ浮び上る茶箪笥ラトゥール蛍光浸透探傷検査

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仙台箪笥の関連情報