仙台虫喰(読み)センダイムシクイ

大辞林 第三版の解説

せんだいむしくい【仙台虫喰】

スズメ目ウグイス科の小鳥。全長12センチメートル 内外。尾が短く、全体が黄緑褐色。地上に巣をつくる。アジア東部に分布。日本には夏鳥として渡来し、低山帯の広葉樹林で繁殖する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

仙台虫喰 (センダイムシクイ)

学名:Phylloscopus occipitalis
動物。ヒタキ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android