コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙石佐多雄 せんごく さたお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙石佐多雄 せんごく-さたお

1843*-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)13年12月28日生まれ。因幡(いなば)鳥取新田藩(東館(ひがしだて))藩士。江戸詰右筆(ゆうひつ)。尊攘(そんじょう)運動にくわわり,文久3年京都等持院足利尊氏ら3代の木像の首をきり,三条河原にさらす。幕吏におわれて同年2月27日自刃(じじん)した。22歳。名は隆明。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仙石佐多雄の関連キーワードグリュックスボー朝グリュクスボー朝ライトバビエダーリアメリカ合衆国史(年表)河上弥市エンゲルススネルマン中島名左衛門

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone