コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆明 りゅうみょう

2件 の用語解説(隆明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆明 りゅうみょう

1020-1104 平安時代中期-後期の僧。
寛仁(かんにん)4年生まれ。藤原道隆の孫。藤原隆家の子天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の心誉,明尊にまなぶ。白河天皇,堀河天皇の護持僧をつとめた。山城(京都府)三室戸(みむろど)寺を再興。近江崇福寺別当をへて承徳(じょうとく)2年園城寺長吏。康和4年大僧正。長治(ちょうじ)元年9月15日死去。85歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

隆明

没年:長治1.9.14(1104.10.4)
生年:寛仁3(1019)
平安中期の天台宗の僧。一説に寛仁4(1020)年,同5年生まれ。羅惹院僧正と号する。権中納言藤原隆家の子。明尊 に師事。白河,堀河天皇の護持僧を勤め,白河上皇に授戒。近江(滋賀県)園城寺に羅惹院を創建,三室戸寺(京都府宇治市)を再興する。崇福寺,梵釈寺の別当を歴任。承徳2(1098)年に園城寺長吏となり,法成寺執行職を寺門派の僧に固定するよう申請。康和2(1100)年,園城寺の大衆に住房を焼かれ,長吏を甥の増誉に譲る。同4年大僧正に昇進。増誉が修験道に通じたのに対し,隆明は寺内での顕密二教の修学に励んだという。

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

隆明の関連キーワード藤原顕季長治隆明育種北京オリンピック香港構造改革特区制度海王星籠坂峠江談抄

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隆明の関連情報