コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆明 りゅうみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆明 りゅうみょう

1020-1104 平安時代中期-後期の僧。
寛仁(かんにん)4年生まれ。藤原道隆の孫。藤原隆家の子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の心誉,明尊にまなぶ。白河天皇,堀河天皇護持僧をつとめた。山城(京都府)三室戸(みむろど)寺を再興。近江崇福寺別当をへて承徳(じょうとく)2年園城寺長吏。康和4年大僧正。長治(ちょうじ)元年9月15日死去。85歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

隆明

没年:長治1.9.14(1104.10.4)
生年:寛仁3(1019)
平安中期の天台宗の僧。一説に寛仁4(1020)年,同5年生まれ。羅惹院僧正と号する。権中納言藤原隆家の子。明尊 に師事。白河,堀河天皇の護持僧を勤め,白河上皇に授戒。近江(滋賀県)園城寺に羅惹院を創建,三室戸寺(京都府宇治市)を再興する。崇福寺,梵釈寺の別当を歴任。承徳2(1098)年に園城寺長吏となり,法成寺執行職を寺門派の僧に固定するよう申請。康和2(1100)年,園城寺の大衆に住房を焼かれ,長吏を甥の増誉に譲る。同4年大僧正に昇進。増誉が修験道に通じたのに対し,隆明は寺内での顕密二教の修学に励んだという。

(岡野浩二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

隆明の関連キーワード荒地(詩同人誌)よしもと文武二道万石通西郷 吉之助吉本ばなな西大路隆枝高橋源一郎思案橋事件九州改進党散髪脱刀令全共闘運動西郷 隆盛神風連の乱仙石佐多雄共同幻想岩尾隆明諏訪 優花田清輝平秩東作二世作家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隆明の関連情報