コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙石氏 せんごくうじ

世界大百科事典 第2版の解説

せんごくうじ【仙石氏】

近世大名。美濃国の出身。仙石秀久豊臣秀吉につかえ,信州小諸5万石を領した。1600年(慶長5)より徳川秀忠に属し,22年(元和8)その子忠政のとき,信州上田へ転じ6万石となる。のち分知により5万8000石。1706年(宝永3)政明(まさあきら)のとき,但馬出石(いずし)へ転封。1835年(天保6),御家騒動(仙石騒動)の結果,3万石に減封。以後幕末に至る。当主は従五位下越前守などに叙任。維新後は子爵。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の仙石氏の言及

【出石藩】より

…4代吉英(再入封)の後は短期間に代を重ね,96年(元禄9)ついに嗣なくして断絶した。そのあと松井忠周を経て,1706年(宝永3)仙石氏が5万8000石で入封定着した。18世紀後期,養蚕,絹織物,陶磁器(出石焼)などの国産振興をはかったが,文政期(1818‐30)城下の大火と相次ぐ天災で,藩財政は極度に窮乏した。…

【上田藩】より

…69年(寛文9)に政俊の弟政勝に2000石を分知し上田領は5万8088石となった。1706年(宝永3),仙石氏と交換の形で,但馬国出石(いずし)から入ったのが松平(藤井)忠周(ただちか)である。忠周は所司代,老中を歴任し,領内統治にも努めたが,2代忠愛(ただざね),3代忠順(ただより)の時代には藩主や江戸家老に奢侈や不正のうわさが出た。…

【仙石騒動】より

…但馬国(兵庫県)出石(いずし)藩仙石氏の御家騒動。仙石氏の財政窮乏は19世紀に入って深刻化し,その立直しをめぐり大老(家老)の家筋である仙石式部家と主計(かずえ)家の対立が生じた。…

※「仙石氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仙石氏の関連キーワード出石〈町〉小諸[市]香川(県)増田与兵衛出石そば上田城跡近世大名出石城洲本城讃岐国上田城小諸城小諸藩上田藩出石藩廬元坊但馬国岩村田

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android