コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転封 テンポウ

百科事典マイペディアの解説

転封【てんぽう】

豊臣秀吉・江戸幕府によって行われた大名の配置替えのこと。国替(くにがえ)・移封(いほう)ともいう。大名移動の際,家臣団は随伴するが,百姓は移動せず,兵農分離を促進させ,大名・家臣団の在地性が払拭された。
→関連項目上知令甲府勤番田辺宮津

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんぽう【転封】

( 名 ) スル
江戸時代、大名の領地を他にかえること。国替え。移封。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

転封
てんぽう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の転封の言及

【国替】より

…江戸時代に行われた大名の配置替えのこと。転封(てんぽう)または移封ともいう。豊臣秀吉のときに始まるが,江戸幕府の初期3代の将軍によって強行された。…

【大名】より

…そのなかで最も多かった大名は5万石以下の譜代大名である。
[大名統制]
 幕府の大名統制の基本は改易と転封(てんぽう)(国替(くにがえ))である。徳川家康は覇権確立後,関ヶ原の戦後処理を通じて西軍にくみした外様大名を大規模に改易し,その所領を没収するとともに,これらの没収地を東軍に属して功労のあった外様大名に配分して転封する一方,直轄領(天領)に編入しあるいは親藩,譜代大名の取立てにあてた。…

※「転封」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

転封の関連キーワード古市宗庵(初代)木部四郎右衛門牝小路又左衛門大高十郎左衛門寺田平左衛門内藤 魯一山田音羽子仙石秀久松下重綱加藤貞泰荻原格斎蘆沢信重稲葉正知奥平忠昌青山幸成堀田正仲水野忠邦松平定永西尾忠照本多忠敞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転封の関連情報