転封(読み)テンポウ

百科事典マイペディアの解説

転封【てんぽう】

豊臣秀吉・江戸幕府によって行われた大名の配置替えのこと。国替(くにがえ)・移封(いほう)ともいう。大名移動の際,家臣団は随伴するが,百姓は移動せず,兵農分離を促進させ,大名・家臣団の在地性が払拭された。江戸幕府は転封を改易とともに大名統制策の基本とし,家康・秀忠・家光の徳川初期3代の将軍の時代に盛んに行われた。この時代は外様大名を改易して無主となった地に徳川一門・譜代大名を配置するかたちが主で,当初は関東・東海地方を中心としたが,漸次全国に拡大され,寛永(1624年―1644年)ころには徳川氏を中心とする新しい領国体制が完成した。その後は転封は減少し,特定譜代藩による交換転封形式が主なものであった。転封の際,領地・城の受渡しには幕府上使が派遣され,城内諸道具の処置,支配帳簿・先納貢租の交換など細かい手続を必要とした。
→関連項目上知令甲府勤番田辺宮津

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんぽう【転封】

( 名 ) スル
江戸時代、大名の領地を他にかえること。国替え。移封。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐ぽう【転封】

〘名〙 領地を他に移されること。江戸時代、幕府の命令により大名の領地をかえること。移封。国替え。
近世畸人伝(1790)一「伊予大洲に転封せらるるゆゑに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の転封の言及

【国替】より

…江戸時代に行われた大名の配置替えのこと。転封(てんぽう)または移封ともいう。豊臣秀吉のときに始まるが,江戸幕府の初期3代の将軍によって強行された。…

【大名】より

…そのなかで最も多かった大名は5万石以下の譜代大名である。
[大名統制]
 幕府の大名統制の基本は改易と転封(てんぽう)(国替(くにがえ))である。徳川家康は覇権確立後,関ヶ原の戦後処理を通じて西軍にくみした外様大名を大規模に改易し,その所領を没収するとともに,これらの没収地を東軍に属して功労のあった外様大名に配分して転封する一方,直轄領(天領)に編入しあるいは親藩,譜代大名の取立てにあてた。…

※「転封」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転封の関連情報