コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙石秀久 せんごくひでひさ

5件 の用語解説(仙石秀久の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙石秀久
せんごくひでひさ

[生]天文21(1552).美濃
[没]慶長19(1614).5.6.
安土桃山時代の武将。久盛の子。秀康,盛長ともいい,権兵衛と称した。織田信長豊臣秀吉に仕え,天正 13 (1585) 年四国征伐ののち,讃岐国を領し高松城主となった。同 14年九州征伐に際して島津義久に敗れ,封を奪われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙石秀久 せんごく-ひでひさ

1551-1614 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)20年1月26日生まれ。織田信長,豊臣秀吉につかえ,讃岐(さぬき)高松10万石城主となったが,九州攻めで大敗し領地を没収された。のち小田原攻めに戦功をたて信濃(しなの)(長野県)小諸(こもろ)5万石の城主,ついで小諸藩主仙石家初代となる。慶長19年5月6日死去。64歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。通称は権兵衛。後名は秀康,盛長。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

仙石秀久

没年:慶長19.5.6(1614.6.13)
生年:天文21(1552)
安土桃山・江戸前期の武将。生年については天文20(1551)年説もある。通称権兵衛。美濃の仙石久盛の子。少年時代から豊臣秀吉に仕え,名は秀久,のち秀康,盛長と変え,また秀久にもどっている。天正8(1580,一説に天正11)年,淡路洲本城主5万石,同13年の四国攻めの功により讃岐一国を与えられ,はじめ宇多津聖通寺山城を居城とし,次いで高松城の城主となったが,翌年,九州攻めの先鋒として豊後戸次川(大野川)の戦で島津軍と戦い大敗したことを責められて所領を没収され,高野山に謹慎した。のち信濃小諸城主5万石に復し,従五位下・越前守に叙任した。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんごくひでひさ【仙石秀久】

1552~1614) 安土桃山時代の武将。美濃の人。初め豊臣秀吉の臣。のち徳川家康に従って小田原攻めに加わり、功あって信濃しなの小諸城主となる。子の政明のとき、但馬出石に転封された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙石秀久
せんごくひでひさ
(1552―1614)

安土(あづち)桃山時代の武将。美濃(みの)国(岐阜県)生まれ。久盛の子、通称権兵衛(ごんべえ)。千石とも書き、名も秀康、盛長ともいった。初め織田信長に仕え、1574年(天正2)近江(おうみ)(滋賀県)野洲(やす)郡に1000石を得、80年淡路洲本(あわじすもと)に5万石を領した。のち豊臣(とよとみ)秀吉に仕え、85年四国征伐の功によって讃岐(さぬき)(香川県)を得て高松城主となる。翌年、九州島津(しまづ)攻略の先発となったが敗れて一時所領を没収され、高野山(こうやさん)に謹慎した。90年家康を頼って小田原攻めに加わり、功あって信濃(しなの)(長野県)小諸城主となり、5万石を領した。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いのとき徳川秀忠(ひでただ)に従い、上田城攻略に加わった。1706年(宝永3)子の政明(まさあきら)のとき信濃上田から但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩に入り5万8000石を領した。[小林 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の仙石秀久の言及

【九州征伐】より

…秀吉は大唐国の征服をも意図し,その出兵基地として九州を構想していたので,島津氏征服はその構想にも好つごうであった。そこで8月,黒田孝高らを九州に派遣して豊前を攻略させ,また仙石秀久を豊後に派遣して島津氏攻略を開始した。さらに12月に檄(げき)を畿内,北陸などの諸国に伝えて20万余の大軍を構成し,翌87年正月に九州攻略の部署を決定し,3月1日みずから京都を出発した。…

【小諸藩】より

…信濃国(長野県)佐久郡小諸城を居城とした小藩。1590年(天正18)仙石秀久5万石の入封にはじまる。秀久の城郭拡張と小諸城下町建設工事の領民酷使は一郡逃散(ちようさん)をひきおこしたが,2代忠政は民政安定につとめ,1615年(元和1)年貢を貫高制から石高制に移行した。…

※「仙石秀久」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仙石秀久の関連キーワード石川康長今城為親織田有楽佐久間正勝清韓文英岡島右近牧興相酒井貞月弘尊内藤信成

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仙石秀久の関連情報